本文へ移動

もみじケアコラム

RSS(別ウィンドウで開きます) 

要介護1,2の方の試練?

2016-08-12
 最近の新聞などの報道でご存知の方も多いと思いますが、2018年より福祉用具貸与は介護保険適用から要介護2よりも軽い方は除外されると検討されています。
ある人に言わせると、これは検討ではなく、既定路線。もう決まっているそうです。
 
ヘルパーの家事援助も同じく要介護2よりも軽い方は除外されるとみられています。
要介護1,2の方にとってみればこれはたまったものではないと思います。
 
ヘルパー事業所にとってみたら、という話を少ししてみますと、、、
ご利用者様の中で要介護1,2の方の占める割合は多いです。さらに要支援1,2の方まで含めるとかなりの割合になります。要介護1,2の方がヘルパーを利用される内容ですが、身体介護よりも圧倒的に家事援助が多いです。多いのは掃除、調理、買い物、洗濯の順でしょうか。
 
要介護3以上の方は以前よりかは増えてきましたが、人数の割合は少ないです。
内容は身体介護の割合が増えてきます。当然身体に不自由なところが多く介護を要するということもありますし、何より要介護3以上の方はまずご家族などと同居されていますので家事援助はご家族がされていることが多いためです。
 
※ヘルパーは基本的にご家族が同居の場合、家事援助を行うことはできない仕組みになっています。 
 
 ということから考えていくと、今回介護保険からの適用を除外されようとされている方というのは、
「なんとか自力で生活している一人暮らし、または同居の家族がいても何かしらの問題があって家事支援のできない家庭」
の方の介護保険適用を切ろうという話になります。
 
ちょっと弱いものいじめに見えてきます。
そういう方は今の生活ができなくなるじゃないか!と怒りたくなります。
そうすると、行政からはこんな声が。
「では、一人暮らしではなく、そういう皆さんは集まっていただいて…」
いろんなところにできていますね。
「サ高住(サービス付高齢者向け住宅)」
行政はちゃっかり考えているんですよね。
バラバラに住まれていては効率が悪い。介護保険のヘルパーは使えないけど、
民間の家事支援をみんなでお金を出しあって利用できるかも。
孤独死も防ぐことができるし。
要介護3以上で生活が難しくなれば特養へ入ることができますからそれまでの住家としてどうぞ。
 
こういう話ですね。
出てくる話は要介護1,2の方だけのものみたいに見えますが、氷山の一角なのです。
これからもっと2018年(介護と医療の大幅な改訂の年です)に向けていろいろな話が出てくることでしょう。
これはみんなの問題なのです。
しっかりとアンテナを張っておかないといけませんね。

キャリア段位制度

2016-07-19
キャリア段位制度
アセッサー講習テキスト
厚労省が昨年度より取り組みを始めた(それ以前は内閣府がしていたらしいです)介護プロフェッショナルキャリア段位制度というのがありまして。
もみじケアでも今年から取り組むことにしました。
キャリア段位制度とは、「一定の実務経験等を有した者が評価者となり、介護事業所・施設内の介護職員の「できる(実践的スキル)」を評価した結果に基づき、レベル認定する制度です。」
そして、それを評価するための評価者(アセッサー)を事業所内に置く必要があります。
まずは評価者講習の受講から。
テキスト自習、インターネットを使ったビデオ学習、集合研修と長い講習を受けなければなりません。
これから一人ずつ増やしていこうと思っています。
いつまでたっても勉強ですね。。。 

第一期生 誕生!

2016-07-13
 廿日市市で初となる第一回廿日市市介護予防・生活支援員養成研修の修了式が今日ありました。A型の実施(予定を含む)事業所紹介の時間を設けていただいたので私も行ってきました。今回15名の志ある方々が無事全員修了されたとのこと。
これから予防はもちろんのこと、もしかすると要介護1,2の家事援助までA型になる可能性もあるかも知れません。
今回終了された方 これから廿日市市のA型を必要とされる方々のために是非活躍してください!
そして、興味のある方は是非次回の研修を受講してください!

アベコベノミクス

2016-07-11
昨日参議院議員選挙が行われ自公側が勝利しました。
この場でどちらがどうこう言うつもりはありませんが、長期政権となっている安倍政権が掲げるアベノミクス。経済を強くすることと、社会保障の充実、どちらも大切であることは間違いありません。
また、介護職員の問題については、介護離職を防止することに重点が置かれています。もちろん、それは大切です。この介護離職というのは家族の介護を理由に自分の仕事を辞めなければならなくなる人すべてを対象としてのことばです。しかし、それだけではないですね。
訪問介護事業をしている側として日々思うのは、介護職を離職した人がまた介護職に復職したくなる仕組み、新たに介護職に就きたくなる仕組みを作ってもらいたい。
それともう一つ、扶養の壁。女性の社会進出の弊害とも言われ数年前から議論はされていますが、最近はめっきり話題に上らなくなりました。ヘルパーの中には扶養枠の範囲内で働いている方が相当数いらっしゃいます。ヘルパーの時給は金額だけでみると高めです。ですからどれだけ良い人材のヘルパーでも年間で働ける時間が決まってしまいます。これがヘルパー不足の一つの原因なのです。今せっかく働いている良い人材をもっと活躍してもらえる仕組み作りを考えてもらうことが大切だと思うのですが。
どうもそのあたりがアベコベのミクスに感じてしまいます。 

食中毒警報発令されました。

2016-07-07
 7月4日県内全域に食中毒警報が発令されました。
みなさんお気を付け下さい。
TOPへ戻る