本文へ移動

もみじケアコラム

RSS(別ウィンドウで開きます) 

廿日市市訪問介護事業所連絡会

2017-04-05
この度廿日市市訪問介護事業所連絡会介護保険部会を立ち上げることに着手しました。
主たる目的は、介護が必要になっても住み慣れた自宅でずっと暮らしていくために必要な基盤作り(地域包括ケアシステム)の中で重要な位置づけである訪問介護の質と量を確保することです。
研修会を企画しました。みなさんご参加ください。

ポータブルトイレ補助具

2017-02-16
ポータブルトイレを使用されているご利用者様の首の筋力が低下してきたことで、「ポータブルトイレ用のヘッドレストを」と。。。とっとっと。。。
無い!
世の中に無いのですね。今更ながらそんなことに驚きました。
あれだけ世の中車いすのヘッドレストがあるのに、ポータブルトイレ用のヘッドレストは無い。
 
文句言っても始まりません。
関係者みんなで考えました。
福祉用具貸与事業所さんなどはいろいろ卸業者にもあたってくださり、良い物も見つけて下さったのですが、車いす用の補助具は車いすをレンタルしていないと(もっと言えば車椅子に装着して使用しないと)介護保険対象とはならない。と県からの返答。当たり前ですけどね。
 
最後は作るしかないでしょ。ということでもみじケア工務店の出番となりました。
ホームセンターでよく見るパイプ組立の「イレクター」で。
なかなかの出来でしょ(*^^)v
実際に使ってみていただけるのが楽しみです。 

企みます。

2017-02-06
ずいぶん久しぶりの更新です。
ずぼらで気分屋なところがバレバレです。。。
 
訪問介護は正月気分もそこそこです。
とっくに過ぎてあっという間に日常に戻り
中止、変更、ドタバタ
新規、新規、ドタバタ
日々お仕事があるということはありがたいことです。
今年も職員一同頑張ります。
 
早々から東広島のほうで指定取り消しのニュースもありました。
後を絶ちませんね。
同じ目で見られてしまいますからやめてください。
不正する労力は大変でしょうから、普通に仕事するほうがいいに決まってます。
もちろん私たちは健全運営に努めています。
(不正のやり方がよくワカリマセン)
 
廿日市市からはこんな恥ずかしい話がでないようにしたいものです。
そのために今年動きます。
みなさま宜しくお願い致します。

私の家はどっち?

2016-11-17
一人暮らしの高齢の女性。
認知症があっていろいろ記憶が失われていくところもあるのですが、笑顔で楽しくお話ししてくださいます。
私「一人暮らしはどうですか?寂しかったりしますか?」
女性「そりゃあ寂しいですよ。私昨日からここに住んでいるんですよ」
私「そうですかー。それまではどちらに?」
女性「廿日市の○○ですよ。きょうだいがたくさんいてね。昔は通りも賑やかで…」
 
もちろん、この女性は現在の家に長年お住まいです。
ですが、昨日からここに住んでいる。と。
時々この方のように長年住んでいる自宅よりも、何十年も昔に出たはずの実家や生家を自宅と思われている方に出会います。
記憶は最近のものから忘れていき、昔のものは影響を受けにくいといわれますが、それが良くわかる事例です。
きっと幼い頃から実家を出るまで思い出多い時を過ごされていたのでしょうね。 

結核の疑いがあります

2016-09-05
保健所よりパンフレットが送られてきました。
結核は過去の病気ではなく、現代の病気ですね。
TOPへ戻る